大会考察 暫くほぼマラソン一本を考える

過去の大会の取組み

10年間。20~30歳は、様々な大会で入賞するとを視野に取り組んできた。

特に、スポーツと勉学とゲーム系全てでそこそこの成果を出すのをモットーにしてきた。

ゲーム大会(ポケモン、ドラクエモンスターズ)、TCG(遊戯王)、資格検定、俳句、川柳、マラソン、ウルトラマラソン、大会とは関係ないけどアドセンスなど。

入賞の履歴 329回分 [161+168]

更には、これは完全に無駄だったけどSNSや女探しにもかなりの時間を費やしてきた。

(今はネットはしてるとはいえ、やり取りの一切ない、ほぼ日記ブログ一本なので、コメントやイイネやり取りをしていた今までとは意味合いが違うものと考えている。)

成果云々はさておきとして、ここまで多様に取り組めたのは、恋人以外の友人関係を重視しないボッチ気質と、仕事が楽なのは大きいが。

 

一点集中型への転換

ここで、重ね重ねになるかもしれないけれど、ここ10年の多方向型から、ここ5年若しくはここ5年おきは一点集中型にしたいと思う。

多方向型というのは、マラソン大会に参加しながら、資格検定の勉強をしながら、ポケモンと俳句川柳も合間に参加するような形。

多方向型は無駄ではなかった

序盤の取組みにより、自分に向きなもの不向きなものを見極められたのは大きい。

特に、様々な球技スポーツに挑戦したものの、全て駄目だったので、今後球技スポーツをする可能性はほぼ無い。

それに、一つの名目で結果を出すことが目標ではなかった。例えば、マラソンランナー一本で行ったとして、足が再起不能の怪我になったら、何のノウハウも取り柄もない人間になってしまうから。

何か一つでチャンピョンになりたい人生だったかと言うと、違うから今まではこれで良かったと思う。

ゲームや川柳をそこそこ頑張って、マラソンだねの人間でないを確立したからこそ、これからマラソンを頑張れる気がする。

マラソン一点でサブは川柳とブログ

この形にしようと思う。

資格検定、ゲーム大会、カードゲームをマラソンと掛け持ちにして厳しい点は、大会や検定が半日若しくは一日作業になる点。

一方でブログと川柳は、一つあたり数分から長くて一時間程度。

特に、大会と違って、したい時にして、したくない時にしないで済むのは大きい。大会はその時に参加しなかったら棄権になる。

スポーツは競技寿命があると思うので、競技寿命のないゲーム大会はするにしても、後々に回そうかと思う。

関連記事

トップページへ移動⇦

コメント掲示板へ記入する

コメント記入欄を開く⇦