ブログテーマの修正が完成形に。やはり、国産に限る。

「あいた君。まだやってるの?」

「今一生懸命に…。もう暫くご時間を。明日まで…明日までだけ、お待ちください。」

そして…

パラガス

「腐★腐。ついにキタ。」

 

苦しい思いをしながらも、やっとの思いで完成。

まだまだ細かい部分などを削除したりはするかもしれないが、ブログテンプレートの概ねの配置などの修正はこれにてほぼ完成形としたいと思う。

 

前回のブログテーマに戻した

戻したうえでの修正を実施。

アイキャッチを回り込ませる方法が分からなかったため、約二週間前にダウンロードしたテーマは敢えなく断念。

百種類ほど厳選したものの、外人が作成してるからか、日本人視点では欧米人の体型のように崩れてるテーマばかり。

 

ブログテーマは国産に限る

肉や魚だけでなく、ブログテーマも国産がイカスようだ。

ちなみに、このテーマは「匿名」という名前の日本人が作成したらしい。

 

以下、長過ぎるので眠くなるかもw

修正点

1、アクセスカウンタ除去

 

正確には、除去したというよりは、使えなくなってしまった。

あれは20万アクセスなら20万人分の情報を記録するようで、かなりブログが重くなる要素だった。

自分と知人の視点では、アクセスカウンタを眺めるのも楽しかったということだけど、サイトがどんどん重くなっていくのは厳しいし、グーグルからの評価も下がる。

また、ページ内リンクと広告以外の要素は極力排除するべきかなと思った。

このアップデートで一番良かったのは、自分自身がアクセス数を気にしなくてもよくなったことかもしれない。

 

2、パンくずリストの位置変更

 

普通は上部に付けるらしいが、パンくずリストでトップページやカテゴリページに案内させたい場合のケースで考えてみた。

記事を読み進めていくと、下にいる状態になる。

ここで、パンくずリストを設置するということは、パンくずリストにより、トップページやカテゴリページの存在を教えるのが意義だと思うが、

上にあった場合、よっぽど気になった人か、記憶力のいい人じゃないと、わざわざ上には戻らないと思う。

デフォルトでは、

あいたブログ>ブログ>ブログテーマの修正が完成形に。やはり、国産に限る。」

になっているのを

トップページ>ブログカテゴリ>ブログテーマの修正が完成形に。やはり、国産に限る。」

に修正とした。

 

3、大型広告ユニットの排除

 

読者に有益な広告が出た場合はいいんだけど、わけわからない広告が出た場合が問題。

自分の視点で見ても、かわいい美少女の広告が出れば気分がよくなるけど、クルマとかローンとかのが出てくると、今その話は簡便してくれよとなる。

全部美少女でもいいんだけど、こちらからは制御が出来ない。

そして、大型で貼るということは、その情報にかなり目がいくことになるが、パンくずリスト、スマホ向け関連記事、最近の投稿の何倍ものサイズを表示させてしまうと、

その広告が残念な広告だった場合が残念なので、小型のを二つどさくさに紛れさせた。

 

4、文字間隔修正

 

この匿名という男(女)、基本的にはデザインセンスが高いんだけど、文字間隔詰め詰めだったのは読みにくくて難点だった。

あんまりこういうのに精通してる方ではなかったので、CSS修正が手間取った。

段落の幅も後で広げるかもしれない。

 

5、サイドバー追従

 

スマホ向けページが大事だと口を揃えて皆言っているが、このブログの閲覧者は年齢層が高めだからか、パソコンからのアクセスもそれなりに比率が高い。

そのため、むしろスマホ向けデザインばかりに気を取られず、パソコン向けデザインも重要視するべきかなと思った。

ここで、同じくパンくずリストや最近の記事が上や右上にあっても、やはり忘れるか余程気にならない限り戻らないと思うので、最終的に下に表示させるのと、途中で本文内容に飽きた時のために追従型とした。

関連記事