2018-10-18 更新の記事

アディゼロRC 感想・レビュー

※意外と検索流入アクセスが多いので追記(2019.04.09)

書き直さなくてもそのうち誰も観なくなると思っていたら、想像以上に検索流入の多い記事だったため。

以下昔に書いた(紺色部分)のは買った直後に書いたもので、

暫く履いて体型などが変わった結果、

アディゼロ匠、ナイキエアズーム、スカイセンサーよりこのシューズが合っている

個人的に一番高評価のシューズに変わり、2019~はこのシューズ一本になりました)

最近書き直したけど検索流入しない記事

 

以下は買った直後の感想↓

昨日購入し、10kmマラソン(残念ながら40分程度だった)で使用したアディゼロRCに関して。

アディゼロrc

アディゼロrc

個別感想

1、硬いw

全体的にカチッとしてる。

アシックスは柔らかいが、貧乏人は頻繁に買換えれないので、こういう硬い系の方がゴムが1000km以上移動しても、フニャフニャになりにくいかと思った。

ちなみに、処分したゲルアンフィニは歩行含め推定1000~2000km移動済みで、ゴムがパンクした自転車のようにはなってた。

2、アディゼロとしての推進力はある

部活用とも書いてあったから、駄目かもしれないと思っていて、実際大会は駄目ではあったが、

靴の裏面以外はアディゼロな性質だった。

足の運びがスムーズに動くように作られてはいる。

ただ、裏面が耐久性重視なのか、裏面がランニングシューズっぽくない感じ。

つまりは、地面を掴み切れない風で、そこがキロ4以内の走りをする中では痛いところ。

ウォーキングシューズとしてなら、かなりの高性能を誇るとも言えるのかも。

3、普段履きがアディゼロ系に馴染む

半年前、アディゼロブースト匠は結構良くて、自分にしてはまだマシな方法だったが、

大会用がアディゼロブースト匠、普段履きがゲルアンフィニだった。

大会用はアディダス、普段履きがアシックスということだったが、アディダスを普段履きにすれば、仕事中以外は常にアディダスを履ける。

統一することで、履いてる靴に足の形が合ったり、歩きからアディダスに馴染んでくるんじゃないかと。

上記の通り、裏面以外はアディゼロな作りだと思う。

普段履きアディゼロrc、大会用アディゼロブーストが視野。

4、サイズが大きい?

アディゼロブースト匠、スカイセンサーは27~27.5で履いていたが、今回は26.5cmとなった。

自分の足が縮んだ可能性はあるものの、26.5センチですら、踵がやや余ってる感触なので、26cmにするべきだったのではないかというのが後悔。

というわけで、アディゼロシリーズは恐らく小さめの方が良さげ。

 

5、結論

貯金100万までアディゼロrcで乗り切って、貯金100万維持になったら、普段履き練習用におろして、

アディゼロブーストかエアズームスピードレーサーを試し、奇跡的にアディゼロrcの方が良かったら、アディゼロrcを主力にしたいと思った。

関連記事

新着記事へ コメント版へ 人気記事

コメントを残す

PVアクセスランキング にほんブログ村