2018-12-11 コメント板 »

マラソン大会とカードゲーム大会の両立に関して

マラソンをしていくのは確定にしても、マラソンだけではやはり脳が暇になってしまう。

これから、マラソンとカードゲームをするのではないかと思っていたが、物理的に困難だった。

 

カードゲームという択に関して

北海道にいた頃は、マラソン大会と遊戯王大会を並行していた。

ブルーアイズ

カードゲーム全盛期の頃は、店舗も多く夕方夜に大会があったため、午前マラソン大会、午後カードゲーム大会という行動も出来た。

現在、カードショップは閉店ラッシュらしい。

 

カードゲームとマラソン並行の厳しい点

スマホカードゲーム主流になり、紙媒体カードゲームが廃れてきているので、カードショップも次々に閉店しており、大会に参加するには日曜の午前中を開けておく必要がある。

マラソンを辞めて、カードゲームするという択は無いので、カードゲームは物理的に困難であり、更にはマラソンと他のスポーツとの両立でも日曜の午前を開けなければならず無理だった。

また、北海道の冬季は雪でマラソン大会が少なくなり、夏期はマラソン大会、冬季はカードゲームみたいにもしていたが、三重県なら他県に遠征すれば1年を通してマラソン大会があるので、余計日曜日が動きにくくなる。

 

結局、俳句川柳とゲーム大会以外は厳しい

マラソンと何かを両立するのであれば、日曜の午前中が埋まっていても参加出来るものを選択する必要がある。

そうなれば、マラソン大会、公募川柳、ゲームWIFI大会の両立以外は、元から無理だったのかもしれない。あとはフォトコンテストが追加の選択肢。

公募川柳は平日に応募出来るし、ゲームはWIFI大会が主流で午後や深夜に出来るので、日曜午前のマラソン大会を避けて大会参加することが可能。

最近は、ゲームや川柳を嫌っていたが、マラソン大会と何か両立するなら、これら以外には選択肢が元々なかったのかもしれない。

ただし、ゲームはスマホゲーム主流に世の中が変化している中で、スマホゲーム大会が大会として意味があるのか、無意味なのかはまた考える必要があるかもしれない。

前の記事

次の記事

あいたブログ注目記事

コメントを残す