庄内緑地グリーンランニング20km準優勝【入賞-331】

掲示板に書く/見る 2018-12-16

20km 1時間19分42秒

順位 2/40

庄内緑地グリーンランニング

庄内緑地グリーンランニング26th

前半戦

ゲーム脳になっていたせいで、やや生活習慣狂い気味で、そこまで速く走れる気がしない。やはり、マラソンとゲームはアンチシナジーなのか。

更に、朝食べた生牡蠣のせいで、ゲリピーが迫ってきており、また尻の穴をキュッと閉めなければいけない展開の予感。

生牡蠣で食あたりかの記事⇦

それでも、ハーフ程度の距離になれてきていて、人数も少なかったので、一週目は1位発進した。

 

中盤戦

やはり、尻穴にゲリラが迫ってきたため、尻穴に集中せざるを得なかった。

しかも、脚の動きもイマイチなため、1位キープは出来なくなってしまった。

迫ってきた安定した走りのランナーと一騎討ちの勝負となった。後ろを振り返ると、その後続は完全に見えなかったので、入賞圏外の心配は無さそうだ。

あんまり力むと生牡蠣の腹痛になるかもしれないので、温存したまま最終周を迎え、最後に抜きん出るのが本来の計画だった。

 

後半戦

ほぼ、同率1位のまま最終周?を迎えた。

狙い通り、圧倒的なスパートでチップ計測点を通過し振り切ったように思えたが…

余裕そうに見え、余裕がなかった中で、大切なことを忘れてしまっていたようだ。

庄内緑地グリーンランニング

 

「ん?まてよ。今、7週目と8週目どっちだ?」となり、ゴールちょっと後の場所で化石のように硬直。

 

終盤戦

その間に、同率1位のランナーが通過していき、スパート後に死んでしまった脚のまま追う展開。

しかし、そうなってしまった状況で追うのはかなり厳しく、結局100メートルほど離されで2位エンドとなった。

レース後「中盤引っ張ってくれて頑張れました」とのことだった。

自分がボケていたために計画が狂ったのは残念ではあるが、もし最後まで独走していたら

勘違いしたまま8周のところを7周で終えて計測無しという結果も有り得たので、今日はこれで良かったのかもしれない。

同率1位だったランナーと握手を交わし、帰路についたのであった。

あいたブログ 関連記事

前の記事

次の記事

コメントを残す


PVアクセスランキング にほんブログ村