近鉄電車名古屋方面30分遅延。怒り取り乱してリュックを叩き付けた!!

2019-01-10 #伝言板 #人気記事

朝8時前後のこと。マラソン大会のため、三重県から名古屋に遠征する予定。

今日は、際どい時間の普段とは違い、余裕をもってアパートを出たため、余裕で間に合う予定より30分以上早い電車に乗り込むはずだった。

 

直前で電車を一本逃す

駅のホームに着いたと同時に、急行電車が出発していった。

しかし、これは予想の範囲内であり、次や更にその次でも間に合う状態だった。

近鉄電車

※写真はイメージです。

 

下痢と遅延の通告

突如、痛烈な腹痛が襲ってきた。

それと同時にアナウンスが流れてきた。

ピンポンパンポン!!

「ええ只今、名古屋方面への電車は、朝6時30分に線路の故障があったため、5分ほど遅れて運行しております。お急ぎのところ、ご迷惑をお掛け致しまして大変申し訳ございません。」

朝6時30分の出来事だし、5分の遅延なら大したことないと思っていた。

 

次の急行電車がきたが…

腹痛で下痢を漏らすリスクがあったため、どうしてもトイレ車両に乗車したかった。

急行ではトイレ車両がどこにあるかは、電車毎に異なるため、毎日探し出さなければならない。

しかし、トイレ車両がなかなか見つからない。

まだ人が乗り込んでるが、トイレ車両は諦めるしかないと思い、その人に続けて乗り込もうと思ったら、

前の人と、自分の間で突然ドアを閉められた(怒)

向こうは、焦ってるのか、笛もベルの音も無い。

流石に開けてくれるだろうと思い、ドアの目の前に棒立ちしていた。

しかし、無念にもあいた氏一人だけをホームに残し、行ってしまった満員電車。

それでも、5分遅延なら、次の電車でギリギリ間に合うような按配だった。

 

絶望の第二アナウンス

ピンポンパンポン!

「大変申し訳ございません。現在電車は30分遅れて運行しております。お急ぎのところ申し訳ございませんが…」

それと同時に目の前の鈍行電車が出発。

 

発狂寸前のあいた氏

 

駄目だ。もうマラソン大会に間に合わない。(泣泣泣)

プルプルプルプルプルプルプルプルプル

「なんで遅延が30分に伸びとんねん」

「しかも、鈍行電車発車する前に言えや」

鈍行電車で四日市まで行けば、金はかかるが特急に乗り換えることが出来た。

「というか、前の電車はなんで自分だけ残して出発したの(怒怒怒)」

普段物静かなあいた氏だが、今日ばかりは怒りを顕わにしてしまった。

「くそう!!!」

突如、

リュックを持ち上げ、床に叩きつけてしまった。

本来なら、スマホをぶん投げていそうだったが、そこは理性が働いたお陰でスマホの液晶ガラスは一命を取り留めたのであった。

 

待ち時間30分の間の不審行動

もう駄目だ…おしまいだと思い、改札口に引き返そうとした。

その向かう途中の階段でも、怒りを顕わにしてしまい

またもや、渡り廊下でリュックを床に叩きつけた。

「なんで1時間30分待って帰らなきゃならないの(怒怒怒)」

 

だかしかし待てよ、逆方向に移動して特急に乗り換えればいけるのではないかと閃いた。

そうなると善は急げで、ぶん投げたリュックをサッと掬いあげ、反対ホームへ猛ダッシュ

反対ホームの急行電車に乗り込んだ。

しかし、その急行電車がなかなか発車せず、第三のアナウンスが鳴った。

 

第三のアナウンス

ピンポンパンポン。

「えー電車が遅延しておりまして大変申し訳ございません。30分遅れの電車ですが、只今前の駅付近を通過した状態です。もう暫くお待ちください。」

「何…もう通過しただと」

それを聞いたあいた氏は再び元のいたホームへ引き返す。

特急駅へ逆走する電車は行ってしまった。

 

第四のアナウンス

ピンポンパンポン

「現在、この駅に参ります急行電車は、前の駅に到着したところです。もう暫くお待ちください。」

「は?数分前に通過したって言ったじゃん…。なんで今、到着なの??」

もうリュックを叩きつける気力も消え失せていた

結局、10分くらい待つ羽目になり、特急駅まで引き返した方が懸命だった。

 

無事急行電車には乗り込めたが

お通夜のような面持ちで急行電車に乗り込んだ。

しかし、30分も遅延したものだから、車内は人でごった返し、ぎゅうぎゅうの押しくら饅頭状態だ。

いつぞやの東京より酷い人で充満していた。

ドアと人垣に押し潰され、パペットマンのような態勢で出発。

駅に到着してから1時間30分で漸く電車に乗れた。

しかし、マラソン大会に間に合う可能性はかなり低く、間に合ったとて駅に着いた頃にはスタートしている可能性が高い。

長くなってきたので、その2に分割する。

関連記事 12件

伝言板記入欄