副業バイトの給与明細 追加割増手当

2019-01-30の記事

思ったよりは高いが

5日前に給料が振り込まれた時点ではまだ、給与明細を貰えていなかった。

振り込まれた時点で、予想より高いなとは思っていた。

明細を見れていないので、予想より高い理由は考えるしかなかった。

実は交通費が支給されていた、正月手当があった、等かなと思っていた。

 

そして今日、給与明細を貰った。

給与明細

給与明細を見ても、パッとは解らず、考えてみた。

1、交通費は支給されていない

2、正月手当らしき欄がない。

3、給与がほぼ残業となっている。

 

残業の意味に関して暫く考えていた。

出勤時間6時間40分に対し、残業時間21時間20分となっている。

この明細を見た直後は、「残業???」だった。

この6時間40分は、一日に直すと、400分÷8で50分だ。

50分が普通勤務で、残りが残業扱いということになる。

 

そういえば…

面接の時に本業の勤務時間を聞かれ、概ね7時間10分勤務と伝えてあった。

その7時間10分と50分を出せば8時間になる。

つまり、本業と合わせて8時間までは普通勤務で、それ以降は残業扱いということになるんだろう。

本業と合わせて8時間以降は1.25倍の残業手当が加算されていた。

 

法律と手当

法律上では、仕事を掛け持ちした場合、後の方は8時間を越えれば残業手当を支払わなければいけないとのこと。

守らない企業は多そうだが、この副業バイト先は法律を遵守しているようだ。

 

再度計算する

時給900円が基本で、

18時~20時だけ時給300円アップ(試用期間後は500円アップ)、日曜は100円アップとのことだが、

これに残業手当を加えて計算してみる。

 

当初の試用期間の予想

900×3.5+300×2=3750円

平均時給1071円

 

実際の試用期間

900×2.7×1.25+900×0.8+300×2=4360円

平均時給1245円

 

当初の本採用の予想

900×3.5+500×2=4150円

平均時給1185円

 

実際の本採用

900×2.7×1.25+900×0.8+500×2=4760円

平均時給1360円

 

うーん…

この追加割増は大きい。

単発遊園地バイトや副業派遣の時は割増が無かったから、これを考えると、副業バイトは割増してくれるちゃんとしたところで勤務した方がいいな。

そして、副業バイトを転職した場合、手当のない可能性が高そうなので、女が苦手という理由だけでは安易に転職できないかも。

あいたブログ

前後の記事

関連の記事