2019-02-01コメント/ログ Tweet/FB/はてブ

危うくぶっ倒れそうだったが

今日は仕事の作業が、昼休みまでの一時間前にはほぼ終わっていた。

適当な作業で時間を潰していたわけだが、少し風邪気味なのもあり、暖かいお部屋の中で睡魔が押し寄せてきていた。

うとっ…

うとっ…

うとっ…

 

はっ!?

 

危うく、眠たすぎて、ぶっ倒れるところだった。

 

倒れずに無事に終わって良かった。

 

そういえば今日は、午後半休にしてあった。

これといって特別に予定があるわけではなかったが、仕事帰りにランニングでもしようかとは思っていた。

食堂で昼食中に同僚が話しかけてきた。

 

同僚

「あいたくん今日は走るの?」

あいた

「うーん。ちょっと風邪気味だし(眠すぎるし)どうしようか迷う。」

 

帰って俳句川柳の一日にするか、ランニングするか運否天賦だったが、風は凪いでいて天気は快晴だったのでランニングする方に心が傾いた。

走り出すと、眠たくて曇っていた目の前が、爽快に醒めた。

おまけに、風邪気味も走ってたら吹き飛んでしまった。

快晴

快晴

あいたブログ 関連記事

戻る

進む

コメントを残す