あいた 5/24
    そう考えると、キット後でアビガン先にして欲しい。
    あいた 5/24
    アビガン先行なら簡単だけど、キット先行だとちょっと難しい。
    あいた 5/24
    遂に、無限大というワードが飛び交うようになってきた。

早朝ランにて ババアをぶちコ□シたくなった

HOME

>

精神

2019/3/29

昨日は殆ど部屋から出なかったので、今日は出勤前に15kmランニングした。

ランニングしていた時のこと

狭い道なので、それほどスピード出してる車はいないだろうと思い油断していた。

ハッとして止まったが、出会い頭に車と衝突しそうになった。

もし、止まらずに突っ切っていたら、車に轢き殺されていたと思う。

振り返って顔を見た。

悪びれもしない、その時のババアの顔を思い出すと、無性に殺意が沸いてきた。

轢かれた場合の空想

狭い道を、あんなスピードで走行して

もし、轢かれて、自分が半身不随にでもなったら、どうやって落とし前をつけてくれるのか?

轢かれてしまった未来を想像しながら走ってた。

1、チェーンソーかノコギリで四肢を切断する

お金に困ってるわけでなく、趣味で貯金してるだけなので、賠償金じゃあケジメにならない。

そんなものは要らないから、ちゃんと誠意を見せて欲しいもの。

とはいえ、自分では無理だろうから、両手両足を縛り付けてチェーンソーで股から下を切断するのがいいんじゃないかなと思った。

と、想像していたが、チェーンソーやノコギリを用意するのは、現実的でないと思った。

2、鈍器のようなもので殴打する

病院などで面会することになった時に、殴打するのが現実的かなと思った。

その殴打してる時の自分の姿を想像すると、中学生の頃の精神分裂な自分の姿、形相がまじまじと思い浮かんできた。

こっちの方がある意味、悍ましい地獄絵図かも。

 

と、いう感じの空想に耽っていたが、別にそうなることを望んでいるわけではないし、何もなければ自分は普通なので、

過去の苛めや、事故然り、今後起きないで欲しいと願うばかり。

今回は轢かれなかったので、そのようなことに至らなくてよかった。

そんなことを考えていたら、15kmはあっという間に終わっていた。

HOME

ゴールデンスライム配当金に逃げる方向性も 2020/5/23 エアーマン株で精神ボロボロ -7万 2020/5/21 エアーマン実はそこまでIR読んでなかった 2020/5/19

精神新着へ

ワオンWAONを紛失した(怒怒怒) 2020/5/10 アルバイトストレスで胃が千切れそう 2020/5/9 あいた ドヤ顔戦う人として必要な精神 2020/5/4 怒り統失的復讐デトネーション 2020/5/3 網戸上の住人の騒音がまた酷くなってきた 2020/4/29 大会・仕事・株での、4つ持ち戦法 2020/4/16 信じることの難しさとは? 2020/4/9