2019-05-03 更新の記事

30歳にして、土台をゼロから積むのは厳しい

ここ数日、新しい何かを始めて自分を変えようとかも思っていた。

また、大会に挑戦するというものも、より広くともずっと考えていた。

 

厳しい現実?

しかし、もう30歳を過ぎてしまった思ったのが、新しいことを一から始めて、それなりの形にするというのは労力と時間経過という形で自分に返ってくる。

出来ないことは無いんだが、例えば今からフットサルをするとしたら、経験値はゼロだから自分のマラソン(50点(並程度))くらいに乗せるのすら、物凄い時間と努力が必要。

一生無理な可能性もある。

TCGもポケカと遊戯王なら基本ルールは解るが、その他だとクリーチャーだのなんだのに馴染みがないから、新たに始めるのは厳しい。

 

土台があるから出来る両立

そんな中で、最近始めた副業バイトも、スーパーのレジは学生時代にしていたことだったりする。

人間関係は残念だったものの、元々していたことなので、作業は自転車並みに簡単。

普通の工場の仕事?が一番新しいが、マラソン、ゲーム大会、川柳はなんだかんだ10年以上前から馴染みがある。

 

ここで、もう自分はある程度長く続けたことそれぞれで、土台が出来上がっちゃってるんだなと思ったし、

出来上がってる土台をバラバラに崩して一から立て直すというのは、個人的にないかなと思えた。

その土台を立て直すために一点集中して、広く携わるのを諦めるならそれもありだけど、一つの目標ばかりに生きる人間になりたくないのがある。

そういう意味では、今の土台から少しずつ積むのがモットーだから、土台を立て直す転職も論外。

 

結果的には、川柳を(最近不調でも)ある程度復活させて、

大会サイド

マラソン(継続する)、ゲーム大会 P(復活してる)、俳句川柳(復活する)、TCG P(復活するかしない)、資格検定(視野にはいれる)

貯金サイド

工場仕事(継続する)、副業バイト(継続する?)、副業ブログ(継続する)

 

結局いつも通りなんだが、新しい何かを考えるのを、ほぼ諦める。

ここ数年、新しい何かを始めようとしては落胆してを繰り返している気がした。

上記は全て3年以上の経験値があるので、今から特別に努力しなくてもそこそこのことは出来る。

関連記事

新着記事へ コメント版へ 人気記事

コメントを残す

PVアクセスランキング にほんブログ村