メディアによると、「元からあった記載がニュースになっただけ」という展開になっているが、

こういう報道はマスコミの独断でない可能性が高く、何らかの意図を孕んでいると思われる。

自分は今は貯金に取り組んでいるが、2000万という数字には感化されないつもりでいる。

まぁ、自分の場合将来のために貯金してるというわけでもないが、

今の時代は貯金1000万円でかなり多い方なのに、メディアや政府の口車に乗せられて

ひと昔前の世代の貯金額2000万を目指そうとすると、人生が終わってしまいそう。

1、2000万貯金は80歳前後の世代の話

80代の男女は・・・

・消費税が0か3%だった。

・退職金制度とボーナス制度のある確率が高かった。

・給料からの税金天引きが少ない。

・年金が今の30代の何倍か貰える。

・非正規雇用の概念が存在しない。

・奨学金制度の借金が存在しない。

という80代前後の世代ですら、貯金2000万あればそこそこ頑張った人、良い方なレベルで言われてた。

今同じことをしようと思えば、クソジジババの何倍か苦しい思いをしないと無理ということ。

現在はその厳しい条件から、貯金0や借金の人も沢山いるので、昔より遥かに努力しないと貯金2000万は難しい

というか、貯金が足りないやら給料が少ない以前に、借金してる人達が0までもっていけるのかが社会問題かと。

 

2、物凄く我慢すれば不可能ではない

・趣味も、贅沢も全部辞める。

・ギャンブル、アプリゲームは禁止。

・服は殆ど買わない。

・恋愛も結婚も子供も諦める。

・家だの、新車などは論外。

今の自分が何割かはこれに近いが、その生活を30年くらい突き通せれば、非正規雇用でも貯金2000万は可能。

ただ、それをジジイになるまで独りで続けて、自殺したくならないかが問題。

包丁

何割かの人は、自殺するか、川崎殺人者のようになるはず。

3、貯金2000万の必要性が不適当

趣味や旅行や外食に使い込まなければ、10万程度で暮らせる

貯金2000万問題は月20万使う人の話らしいが、趣味、外食、旅行を余りしない最低限の生活に月20万使いこむ人は、そこそこの散財癖がありそう。

それ以前に、今の賃金形態の平均と増え続けてる税金を考えて、月20万使ってる人には2000万貯金は厳しいと思われる。

 

2000万貯金するということは、若い時期に我慢しなければいけないということだが、

若い時期に趣味や旅行や外食を我慢し、80代になってから金遣い荒くなっても何も面白くなさそう。

月10万で質素に暮らせるなら貯金2000万は要らない。

 

借金や貯金0の人よりはマシなので、貯金サイドは250~1000万キープを目標にして、

250万はなるべく来年で達成し、その後はまたマラソンやゲームの大会に力を入れる方向にシフトしたい。

コメント記入欄

コメントを残す