労働者と生活保護者の間にある等価交換と対立と

何かを得るということは、

何かを失うということであり、

対価を得るには代償が付き纏うというもの。

今回の事例で考えるならば。

 

仕事をする

◎給料を得る

△肉体的、精神的に疲労する。
△労働災害に遭う可能性がある。

(生活保護が恨めしい

生活保護を受ける

◎生活費を得る

△非難を受けることもある。
△窮屈な生活を強いられる。

(健康に仕事出来る人が恨めしい

共々に恨めしい要素があるから対立が起こる。

自身の出来事ならば

安い賃貸に住む

◎生活費が安く済む

△騒音トラブルのリスクや基本的な悪条件が考えられる

ブログが炎上する

◎アクセス数や広告収入を得る

△代償として罵倒や批判を一身に受ける

特にこのブログ収入という面で考えるならば

給料の低い非正規で働いていると、「あいた君は頭がいいのにどうしてそんなんなの?」と罵倒される。

かといって、その罵倒を否定するために、

 

非正規でもそこら辺の正社員以上の日給を得るためにこうしてトリプルワーク(仕事と副業バイトとブログ)で、一発でも日給4万程度を稼いでしまうと、

それはそれでリアルでは冷ややかな目で見られたり、ネットでも罵倒やらリスクやらがある。

 

結局何をどうしようが、同じことなんだね。

ホーム»

記入欄»

    あいた 9/22
    ファビフルだったと思っていたが
    あいた 9/22
    コロナビルなのか
    あいた 9/22
    何カ月も前らか抗原検査とアビガンの進展・PCRとコロナワクチンの衰退を予期していたことに関し、リアルの男は「まるであいださんの掌で政治が踊らされてるようだ」とか昨日言っていた。
    あいた 9/22
    とはいえ、水曜にならなければどうなるかは解らない。と見せかけての逆転負けもありえる。
    あいた 9/22
    アビガンで上がるのか?というのが囁かれているが、もしアビガンで上がらない場合・・・ 抗原検査主力のデンカは上がるだろうから アビガン目的で両方買った人にとっては、なんでまたデンカばっかりみたいになる展開もあるかも・・・ 自分が何故、富士フィルムではなくデンカを買ったかというと直感だが・・・ 直感でここまでの差になるとは・・・・・・

次のコメントを開く»

新着記事↓

ホーム»

精神ニュース

零和トワイライトマラソンマラソン大会とコロナ株の皮肉・・・ 2020/9/22 ロイドアビガン銘柄コロナ視点考察 富士フィルム、デンカ、広栄化学 9月22日時点 2020/9/22 ロイド株の進捗 9/21 2020/9/21 らぁめん記事! 2020/9/21 アビガンの進展と株の近況 9/20 2020/9/20