2019-08-17 掲示板»

NHKを消火器でベトナム人が撃退事件

8月16日。NHK受信料の集金人の男性に消火器を噴射したとして、暴行の疑いで名古屋市北区のベトナム人技能実習生の男(34)を現行犯逮捕した。取り調べに対し、「相手の言っていることが分からなかった」と供述している。

消火器

不謹慎かもしれないが、これを知った瞬間ちょっと吹いてしまったw

消火器の必須性

ナマポがガソリン放火する時代だ。

これでは、一家に一台の消火器が必要と言っても過言ではないだろう。

日本人のみならず、ベトナム人でも、ガソリン放火対策は必須ということだ。

流石ベトナム人。ぬかりがないな。



NHKを災いとみなしたか?

本来、消火器とは、その名の通り火を消すための道具だ。

しかし、この男は火ではなくNHK員に消火器を噴射した。

まぁ、日本語が完全に通じないのもあるが生活費ぎりぎりのベトナム人に対し、血と涙と汗と根性で稼いだ2000~5000円を訳のわからない理由で徴収するという行為は、

彼等にとって、火よりも厳しい災いそのものなのだろう。

 

謎と、生きるか死ぬかの問題

自分ですらテレビ観てなくてもワンセグ所持で徴収されるのが訳分からないのに、外国人からしたらもっと謎だろう。

つまり、普通に考えて何も観てないのに徴収するというのが「わけわからない」ルールというか法律。

自分は二カ月で2500円程度払えるから黙って払っているが、払えない男性にとっては食事にありつけるか否か、生きるか死ぬかの問題なのだ。

目には目を、歯には歯を、火(徴収)には消火器をの精神がこの惨劇を生んでしまったのだ。



ナマポ&ベトナム 京アニ&NHK

これは熱い戦いだ。

京アニでナマポ男がガソリン放火したかと思えば、対するは名古屋でベトナム人がNHKに消火器噴射。

京都&名古屋

ナマポ&ベットナム

京アニ&NHK

この熱すぎる鬩ぎ合いというか、取り合わせ。

予想の斜め上をいってしまった。

零和になってから、ブログも炎上するし、火に関する災いばかり。

次はこれ以上、何が起きるというのだろうか?

1つ前

あいたブログ

1つ先

コメントを残す