2019-08-19 掲示板»

メンタルヘルス就労の裏 最低賃金+年金、トリプルワーク、ブログ収入

メンヘラは就労困難やら、世間に馴染めないのが主流の一方で、結構なことをやってのけるタイプもいる。

まぁ、メンタルヘルスブロガーによる情報だが、ブログを継続できる時点で、そのメンヘラ度合いは軽いのかもしれないが…。

 

タイプ1、フルタイムバイト(A型作業所)+障害年金

13万+6.8万

それって寧ろ、同じところで働いてる人(13万+0円)が精神的にキツいんじゃないの?とか、暴動が起きないの?と指摘しておられる方がいた。

実際、トリプルワークをしなかったら、自分より彼等の方が給料が上という現実がある。

B型や就業困難の人には絶対必須だと思うが、一般人でも地方では20万はなかなかいかないのに、

この足し算で20万か20万近くなるというのは、どうなんだろう。



タイプ2、トリプルワーク

合計25万前後

例えば、

本業+副業バイト+副業ブログ(あいた氏)

本業+副業株+副業ブログ(男)

派遣+夜の仕事+謎の仕事(女)

 

みたいなトリプルワークで手取り25万前後稼ぎきる(元)統質ブロガーもちらほらいる。

本業先が多分、その本人の能力に対して給料低いのもこうなってしまう原因かもしれないが。

ここのカテゴリの人達は流石に年金を貰ってはいないようだ。

 

何だか、一般人よりメンヘラの方がトリプルワーク率は高い気がするんだけどw

まぁ、トリプルワークなんて普通の真っ当な人はやらないから、ある意味ここに行きついてしまう時点でヘラってるとも取れなくもない。

若しくは、寛解に近付くと、異境に達してしまうのだろうか。



アドセンス所持率の高さ

あと、この界隈の人達(自分含む)は、アドセンス所持率がかなり高い。

ぶっちゃけ、アドセンスと契約(就職)するのは倍率的に結構厳しく、今からの時代なら普通の企業に就職するのより難易度が高い。

一般の人でも、やりたいと願ってもだいたい入り口の段階で落とされる。

アドセンスは65歳以降も継続できるメリットを持つ反面、

文章力、更新頻度、収益性、構成力、タグの使い方、などなど厳しくチェックされる。

工学部だった自分ですら苦労したというのに、

合格していくメンヘラブロガー達は一体どこで技術とかを身に付けれるんだろうw

1つ前

あいたブログ

1つ先

コメントを残す