eriko 5/27
    昨日、しばらくブログの更新が無いので、株で逝ったかと思って検索して来たら、掲示板が生きていたので安心しました。値動きの激しい株はやっぱ怖いです。うちはFXと先物とビットコインだけはやらないで、って医者に言われてます。
    あいた 5/27
    これだけ叩かれて精神状態保てる(2カ月維持してる)というのは尋常なことじゃない。
    あいた 5/27
    何故、心身ボロボロになったかというと、自分の株が叩かれているのは、自分自身が叩かれてるようなものだからなのかも。まぁ、ここまで耐えたから、もう最後まで耐えるけど。

病気が酷くても社会生活に支障がない要素

HOME

>

精神

2019/8/24

「最近、あいた氏、病気酷くなってるような気がするよ。」

あいた「そうなのかな。」

(若干そうなのかもしれない。)

子供の頃とはいえ、閉鎖病棟と開放病棟を数カ月経験しているので、

一応自分もその道の最高峰のところを歩いた経験があるとは言える。

 

自分に対する判断

自分のネットとリアルを観ても大抵の人は、「社会的生活が出来ているから普通」と判断するらしいけれど、

そういう意味で「普通とは思えない」と判断した人が過去・現在に二人いた。

色々な意味で、よく自分のことを観察した(している)ということなのかもしれない。

思えない側は、逆に、「普通でないのに普通に社会生活出来ているのが信じられない」という点を言うこともある。

確かに、普通ではない精神を持ってはいるだろう。

今回は、普通ではないのに社会生活に支障が無い要素を考察してみた。

 

病気?で社会生活に問題ない要素

1、頭がいい

ブログ村の同カテゴリでも数人見かけるが、同病を名乗っていて社会生活に支障がない組は、単純に学習力的な面で頭が良いケースが多く、現在か元、資格マニアな人もちらほら。

どれくらいかというと、確実に普通の人よりは良く、突出した面もあるように見受けられる。

単純に何をしてもそこそこ能力が高いのはあるが、色々と冷静に自己分析・客観分析できるのが大きな要素。

 

2、体力がある

最初は、虐めの仕返しのために身体を鍛えてぶっ倒せるようにしようというのが子供の頃の考え方で、

当初は必死に筋トレしていた。

今はマラソンという平和なスポーツの愛好者で落ち着いた。

精神を患う人には、特有の体力の厳しさというのが付いて回るようで、自分もスポーツをしていなかったらそうなっていた可能性はあるが、

自分は100kmマラソンなどもしてきたので、その特有の体力の低下を力押しで塗り替えてしまったという面があるだろう。

HOME

自己責任論結局損益-5万と含み損-4万(220万円中) 2020/5/26 ゴールデンスライム配当金に逃げる方向性も 2020/5/23 エアーマン株で精神ボロボロ -7万 2020/5/21

精神新着へ

ワオンWAONを紛失した(怒怒怒) 2020/5/10 アルバイトストレスで胃が千切れそう 2020/5/9 あいた ドヤ顔戦う人として必要な精神 2020/5/4 怒り統失的復讐デトネーション 2020/5/3 網戸上の住人の騒音がまた酷くなってきた 2020/4/29 大会・仕事・株での、4つ持ち戦法 2020/4/16 信じることの難しさとは? 2020/4/9