コイツはナマポ野郎確定である。

自分は平日の昼間は基本部屋にいないが、たまの有休や代休で部屋にいると必ず向こうもいるし、夜仕事に出てる感じもない。

まぁ別に、大人しくしていれば、ナマポでも何でも構わないんだが、この男もゴミクズであることが確定している。

みんながみんなそうじゃないのに、何故、自分と関わるナマポ男はクズしかいないのかw

 

深夜の騒音

クズと言える要素の一つとして騒音がある。

コイツは、深夜23時30分に楽器と熱唱をやってくる。

彼は働かないから(働かないのは別にいいんだけど)、下や隣が朝早起きしなければいけないことなんて全く考えなくて、自分さえよければいいという考えなのだ。

昔は、深夜の騒音で自分が体調崩して仕事休まされて、その後グピグピいびきかいてたからぶっ殺してやろうと思ったわけだが、今回はそこまでの音ではない。

前のアパートに住んでいた、在日ナマポクソニートは、京アニ放火野郎のように拡声器で騒音攻撃をしてきたから、

それと比べれば遥かに可愛いものではある。本当に音楽が好きでやってるんだろう。

 

尚、今回は、前回の反省を活かし防音の優れた2LDKに独りで住んでいるので、

木造のベニヤと比べればかなり音をシャットダウンでき、真下を避けても騒音を回避できる。

 

ナマポ男特有の、自分に優しく他人に厳しく精神

深夜に楽器をやるくせして、

こちらがちょっと「カタン」と音を出してしまうと、

あからさまに強い足音で、「ズンズンドンドン」足踏みをしてくる。

向こうは遥かに大きな音を出してるのにそれは許せて、こちらのちょっとした音は許せないようだ。

あからさまな足踏み音に関しては今回の男に関しても、攻撃音に感じる。

それでも拡声器に比べれば可愛いから、仕返ししようとは思わないが、壁の厚さや自分よりキツイ男だった場合はすぐ揉め事になるだろうな。