副業バイトを初めてから8ヵ月。

最近また、スーパーの夜バイトの人員に変化があった。

 

知らない間に二人ほど辞めていた

昼はわからないが、夜は若いバイトやパートが全員辞めて、32~50歳前後だけの職場になってしまった。

主力はおばちゃんパート。

10数人いて、31歳の自分が最年少の模様。しかも、レジ打ち要員の男は20人くらいいて、自分一人だけw

少子高齢化が激しく現れている。

 

辞めていく要素

何だか、今までバイトパートだった夜のレジ打ちを正社員で雇うようになったようで、それは関係しているような気はする。

まぁ例えば、片や時給1400円で、片や時給1100円だったとしたら、会計機の処理などがなくて仕事が単純だったとしても1100円の方は嫌にはなるだろう。

というよりかは、単純な仕事以外に挑戦したくても、挑戦させてくれないというのが正しいか。

(因みに、大手はだいたい正社員登用がなく、バイトさよなら、面接新卒こんにちは、という昔ながらの制度を取っている。不安定で財力のない中小企業の方が非正規から正規登用になりやすいのはなんか納得いかないが…)

自分の場合は、副業バイトということでダブルワーク手当てが時給+200円分くらい貰えるから、そこが堪える要素ではある。

 

逆に言えば、副業バイトを転職した場合、ダブルワーク手当てが貰えないか、ダブルワーク手当てを避けるために受からない可能性がある。そこが簡単に副業バイトを転職出来ない要素。

単発バイトや、単発派遣をしていた頃は、ブラック派遣だったからか、ダブルワーク手当ては支払われていなかった。

前の

次の

コメントを残す