マラソン大会の支払いで出てくる、スポーツエントリー、ランネット、コンビニ払い、ベイジー払いに関する検証。

 

ベイジーとコンビニ支払いに関して

今日、11月のマラソン大会を申し込んだが、申込み方法を失敗してしまった。

コンビニ支払いより銀行支払いの方が安いと思っていたが、

銀行支払いは1回につき60円余分に掛かるので、コンビニ支払いの方が安かった。

ベイジーが60円の手数料が別途かかると書いていなかったので騙されたw

 

ペイパル支払いに関して

尚、ペイパル支払いが1番手数料が掛からないと書いてあるが、

ペイパル支払いは2019年12月後半までのキャンペーンで安くなっているだけで、

1月以降は元通りになる。

余分な高座を増やしたくないなら、ペイに移行しない方が得策かもしれない。

自分は口座を増やしたくないのでペイを開設しなかった。

 

マラソン大会申込みサイトは、ランネットとスポーツエントリーの二つがある。

ランネットの特徴

大会によってはモシコムという別サイトに飛ばされて申込みになる。少し面倒くさい。

スポーツエントリーには無い大会があり、ランネットの方が大会掲載数が多い。

スポーツエントリーの特徴

手数料が3000円あたり5円安い(2019年現在)

 

まとめ

スポーツエントリーにする(ランネットにしない) 5円安くなる

コンビニにする(ベイジー=銀行にしない) 60円安くなる

前の

次の

コメントを残す