昨日のデートの帰りに、清掃用のホウキとチリトリを100円均一で買ってきた。

今や掃除機を通り越してルンバの時代なようだが、部屋掃除の相棒は10年前からホウキにチリトリと決まっている。

ホウキ・チリトリの優れている点

・安価

・音が出ない

・臭くない

・節電でエコ

・簡単に壊れない

・棄てるとき粗大ごみ費用がかからない

・スペースを取らない

ホウキチリトリには案外素晴らしい点が多い。

自分はどうも、掃除機のウィーン音と臭いが嫌いで、あれが近づいてくると思わず鼻と耳を塞ぎたくなってしまう。

しかし、前回買ったチリトリが経年劣化により、プラスチックがボロボロ割れ落ちてくるようになり、ぐちゃぐちゃに砕け散ってしまった。

アパートの近くに100円ショップがなくて、暫く掃除出来ないでいた状態から、昨日遂に念願のホウキとチリトリが入手できたのだが・・・。

100均ほうきとチリトリ

このチリトリとホウキの感想レビュー

残念ながら、紛い物(残念な品物)を掴まされてしまったようだ。

100円均一でイヤホンや靴下を購入すると、良質か粗悪な品かは運が絡んでくる。

100円ショップの製品は当り外れの差が激しい。

駄目な点その1 色が黒い

まだある程度若い男女だと、床に落ちているゴミの大半は髪の毛である。

前回のチリトリの色はピンク色だった。

ピンクだと髪の毛を掃き集めた時に、どれだけ掃けたかが一目瞭然だった。

一方で、今回のチリトリの色は真っ黒。

黒い髪の毛と、黒いチリトリの色が重なって、どれだけ髪の毛が集められたかがわからない。

貯金に関しても目に見えるのがモチベーションアップに重要なので、このようにして成果が目に見えないと、お掃除のモチベーションが失せてしまう。

 

駄目な点その2 柄が短い

🐡「これ、柄が短いんじゃないの?腰痛めない?」

と言われていたが、その通りだった。

しかし、昨日行った100円ショップにはほぼこれしか売っていなく、苦渋の選択だった。

前持っていたピンクのホウキと比べると20センチは短い。

やはり、🐡の忠告通り、もう少し柄の長いホウキを何としても探すべきだったのかもしれない。

前の

次の

コメントを残す