第三者コード?

カナダからの異常アクセスがあってから、ブログスピードテストの結果がおかしくなり、第三者コードの影響を抑えて下さいの警告文が出るようになった。

ハッキング

ハッキングされた?

1、ハッキングされてブログに変なコードを埋め込まれた

2、自分が広告のコードを書き間違えてサイトがおかしくなった

3、カナダ人が自分のブログに対し攻撃を行っている

この辺りが脳裏に過ぎっていた。

 

もしも、カナダ人の攻撃だとしたら

「こいつよくも。元統質の自分に攻撃するとは良い度胸だな。ぶちこ〇されたいのか?」と思っていて、

どんな風に仕返しするかとか、どんな風に突き止めるかとかまで、自分の中で想定が進んだ。

 

第三者コードはハッキングではない

しかしその数時間後に気付いたが、この第三者コード警告というのは、ブログスピードテストに追加された新たな測定要素の一つらしく、ハッキングではなかった。

その証拠に、他の人のブログで実験しても、第三者コード警告は表示された。

第三者コード警告

しかし、このテストはグーグルによるサイトスピードのテストなのに、

グーグルのアドセンスを、グーグルが第三者コードの仕業だと言い張るのにはちょっと違和感がある。

「それは、グーグルの仕業だろ」という話だ。

あいたブログ関連記事

ブログバグ[←Prev]ブログがバグってる?「10/9」
死刑
勝利の兆しの気付き「10/9」[Next→]
PVアクセスランキング にほんブログ村
TOPメンタルワードプレス 予定 記録

コメントを残す