堀江氏は7日、ネット掲示板の「月給少なくて日本終わってますよね?」という書き込みに対し、「日本が終わってるんじゃなくて『お前』がおわってるんだよwww」と反応した。このニュース。

https://www.sanspo.com/smp/geino/news/20191008/geo19100817130031-s.html

だがしかし。

 

1、手取りの減少

先日の増税や、年金支払額の増加に伴い、収入に対する手取りは減っている。

どちらかというと、月給20万なのが痛いというよりかは、月給20万なのに対し4~6万も天引きされるのが、平成時代前半より痛くて、

仕事どうこうの問題ではない気がする。

 

2、お金の一極集中

私とあなた。君と僕。のお話になっている。もう少し全体を見るべき。

ホリエ君がお金持ちなのは解った。だがしかし、このような、お金の一極集中化が寧ろ問題だ。

例えば100人の会社で、1人の男が1000万円せしめて99人が10万円も無いような給与形態では、1人の男がハッピーになるために99%の男は結婚できなくなり、日本は滅ぶでしょう。

こういったホリエモンや大手企業の重役の数人にお金が回りすぎないようにするのが、少子高齢化対策として重要なことだろう。

しかし、国はわざとお金が一極集中するように仕向けてる感はある。

 

3、人生お金重視になりすぎ

お金が大事なのは解るけど、コイツもソイツもお金重視になりすぎw

お金さえ持ってれば勝ちで、お金さえ無ければ負けみたいな話になってる。

昔はお金よりも、仕事以外で何を成し遂げたかや、好きな仕事が出来るかの方が重要視されていたのに、

いつから金だけ星人の人生ゲームになってしまったのやら。