冷和元年11月15日頃、四日市市で事故が発生した。

歩道を歩いていたところ、足の付け根の二つの山脈の狭間にある渓谷から、勢いよくボナーラが吹き出た。

事故当時、ボナーラはフーン?の水分が含まれ湿っており、対向車線をはみ出て左足の脛と接触事故を起こした。

この事故で懸命の治療により左足の脛は軽症で済んだが、茶色に染まったズボンは既に手の施しようがなく、その場で死亡が確認された。

[新着記事»] トップページへ

コメント記入欄

コメントを残す