あいた「もしもし。折り返しで電話した、あいたという者です。」

警察「もしもし。◎◎警察です。折り返しお電話ありがとうございます。あいたさんですね。少々お待ちください。」

警察官は女の人だった。

女警察官

プルルルーン(効果音)

警察「もしもし。奈良の△△駅であいた様がX日に落とした、賞状が◎◎警察署に届いております。」

あいた「そうなんですか。連絡して頂いてありがとうございます。」

警察「取りに来て頂くか、郵送の着払いがございますが、どちらになさいますでしょうか?」

あいた「そうですね。郵送がいいです。」

警察「分かりました。郵送ですと、今から申し上げる整理番号を書いて、身分証のコピーを郵送して頂く形になります。番号は◇◇◇◇◇◇◇です。届き次第、ゆうパックで送ります。」

あいた「番号◇◇◇◇◇◇ですね。分かりました。」

警察「ちなみに、取得者はお礼などは特に求めてはないようです。◎◎駅のコンビニで買い物をした際に落とされたみたいですね。」

あいた「(ああ。コンビニで買い物するために一瞬降りた時に落としたか…。)そうなんですか。ありがとうございます。」

警察「それでは、失礼します。」

あいた「失礼します。ありがとうございました。」

あいたブログ関連記事

もちもちフェネット[←Prev]苦しみの30円パスタランチ。「11/30」
貯蓄カテゴリの流入具合に関して「11/30」[Next→]
PVアクセスランキング にほんブログ村
TOP会話 予定表 記録表

コメントを残す