絶望的状態の右足の親指。

放置して、新しい中の爪が完全再生してから、自然に取れるのを待つのが、俺の本来の計画だった。

親指の爪

しかし、前回の記事を参照の事件が発生したことにより、状況は一変した。

より取れかかった、状態になったなら良いものを、指の真ん中に爪の端が乗り上げてしまった。

乗り上げた部分が圧迫されると、突き刺さりそうだし、右側の根元はくっついてるので千切れた時に、皮膚や肉ごと引きちぎれるリスクがある。

爪きり

巻き上がってる部分は何とか処理しなければいけないが、千切るのは一緒に何か取れそうで怖い。

よって、爪切りで少しずつ削っていくことにした。

爪の手術

爪切り手術

爪切り手術

爪切り手術

痛み無く、無事施術を完了した。

もう既に新しい爪が生えてるようではあるものの、最初からボロボロな気がする。

右端の根元はまだくっついていた(生きていた)みたいなので、これも一緒に切ると皮膚ごといっちゃいそうなので、少し残してしまった。

これからの展開としては、残した爪が壊死せずに残って、爪が二重になるのが怖い。