ホーム»

本業精神

2020/1/2

腹痛の仕事初め。時給3075円

例の通り、今日から仕事となった。

穏やかな1日だと思っていたら、(自分の中で)帰り際に緊急事態が発生。

心の声「くっ…。ううううっ。」

帰り間際に痛烈な腹痛に見舞われた。

普通はお腹の中に溜まりすぎる痛みなのに対し、今日のこれはお腹の中にあるべきものがない?痛みだった。

とは言え、肉体疲労で言えば、(楽な)仕事してても家にいても変わらないので、帰ったところで一緒のことだしポーカーフェイスで抑えきった。

まぁ、思い返してみても、6年?くらいで寝坊の遅刻はあっても早退はなかった気がする。

本当は、帰りにカードゲームを買っていくか、帰宅ランをする予定だったが、大事をみて仕事帰りの作業は急遽休むことにした。

時給3075円!

もう痛みが治まってきてるから、明日は大丈夫だとは思う。

これ、休んだらどうなっちゃうんだろうと思い時給計算したら、年末年始に限っては手当があるから、ボーナス抜きで時給3075円(普段の倍以上)もある。冗談じゃない。これは腸が裂けてでも出勤するしかないなと思った。

仮に時給900円のバイトだったら帰りたいとダダをこねだすかもしれん。

しかし、電車でこのブログを書いてたらお腹の痛みが治まってきた。もう手遅れだけど我慢してマラソンかカードゲームに行くべきだったか。

何故お腹が痛かったのか。痛いのかは依然として謎だ。