12月30日だけ調子が良かったものの、12月31日から1月3日にかけては前年比で激減。

アクセスはやや減少も、クリック数としてはそこそこなんだけど、年始とは思えないほど単価が低かった。

購買意欲の低下もしくは、グーグルの仕様が何か変わったのかもしれないが、原因は不明。

そんななか、詐欺師と成功しました系はやや元気があるように見える。

詐欺師

最近、フェイスブックでは詐欺師が目立つ。

完全な右肩上がりグラフや、常に成功はそうそう有り得ない(落ちたり上がったりするのが現実)

そして、商材売る系は99%でっち上げ。

コイツみたいな↓

アフィリエイト詐欺師

 

自分は上手くいってないが、詐欺師はメルマガへの客引きは上手くいってるんだろうか。

成功しました系

「私こんなに成功しました」みたいな人達の記事も、グーグルとしてはよく、オススメ掲載に選ばれてるみたいだけど、自分はどうもそういうのを書く気になれない。

成功しました系はこういうの。

成功しました

8桁(ブログ収入数千万)だと余程配置を凝らない限り1億PV越えのアクセスが必要だから、そんなのは今の時代、芸能人やソーシャルサイトでも無理で、取り組んでる人なら一目で嘘と解る案件。

アフィリエイトの収益は企業が払ってるけど、たかが1サイトの宣伝広告に数千万円も払ってられない。

日本人は1億人いるかいないかな上、昔と違いYouTubeやソーシャルに人が分散してる世代なのに、どうやってグーグル検索だけで1億回も再生されるんですかって話。

しかも、誰かが書いていたけど、本当に成功してる人はわざわざ成功してる方法をみんなにバラしたりしなく、こういうのは基本的には上手くいってるように見せかけて、人目を惹く商法らしい。

実際に中を開くと、大抵特別なことや具体的手法は書いていなく、当たり前のことしか書いてない。

どっちかというと自分は、彼と同じレベルの立場?になっても、僕は凄い僕を見習おうみたいなのじゃなく、上手くいってない時に原因を考える系の記事を書く方が多いかも。