ホーム»

お金

2020/1/11

貯金家計簿300万作戦 2020ダブル通帳睨み戦法

2020の貯金残高

貯金家計簿

2019の貯金残高

貯金家計簿

去年は、丁度+100万を達成した。

今年は、去年を更に上回る最高の貯金を達成することが目標ではない。

貯金を最高に増やすことが目標ではない

去年は貯金を達成するために色々なことを犠牲にしてきたが、

今年は大会入賞を達成するために貯金を犠牲にする。

自分にとっては金で最高になるのが目標ではなく、金はある程度を維持して好きなように生きることが、本来の目標なのだ。

お金如きに人生をいつまでも振り回されてたまるものか…。

 

とは言え、貯金を止めて金を使いまくるわけではなく、大会に投資する中で、去年と同じ伸び幅(貯金年間+100万)を継続させるのが、金銭方向における今年の計画だ。

年間+100万さえ継続出来れば、まだ30代前半のため、余裕を持って貯金2000万は達成出来る。

2つの通帳を睨みつける

ここで、年間+100万を継続するための簡単な考え方として、前年同期と100万差で見比べる方法を取りたい。

例えば、2019/1/11では1009044円なのに対し、2020/1/11では2006745円。

貯金家計簿

貯金家計簿

100万差で考えれば、前年同期より3000円低いことになり、ややマイナスということが解る。

現時点で去年の自分に負けているので、ちょっと抑えなければいけない。

自分は時給性の非正規雇用であり、昇給時給アップが控えているため、月給は平均6000円上がるが、そこで浮かれて使いすぎないよう、2つの通帳を睨みつけながら、セーブを効かせたい。