ホーム»

ポケカ旅行

2020/1/13

シティリーグ当日参加枠待ちの厳しさ

マラソン大会と副業バイトの翌日。

今日はポケカの大きな大会の当日参加枠に滑り込むための遠征だ。

名古屋でマラソン大会に出て(こちらは入賞して)、三重で副業バイトをして、朝5時起きて電車で大阪難波まで移動のルーティーン。

大阪難波行き

大阪難波から少し地下鉄に乗り無事到着。

 

とあるトレカショップにて

ゲオの中に入ってるカードショップのようだ。最近、ゲオやTSUTAYAに含まれてることが多い。

スキップ玉出

事前の情報によると参加124人に対し113人の応募。よって、参加確定11人で、並んでる人が15人程度の、自分は11番目。

開店30分前に並び、開店と同時に申し込んだ。みんなちゃんと並んでおり、規律はそれなりにしっかりしているようだった。

これは、自分は確定で通っただろうと思っていたが、違っていた。

朝5時くらいから並んでる人達がいたようで、自分達はその後。自分は結局28番目。つまり、17人当日キャンセルがないと無理という状態。

糠喜びというやつだった。17は厳しい。しかし、三重県から移動してるし、マラソンと副業バイトで前日は一杯一杯だったので、朝5時並びは自分には出来なかった。

これは、無理と思って次の計画を立て始めた方が良いかもしれない。

 

まぁ、最近はゲーム系よりマラソンの方が入賞率と将来性が望めるので、こちら側の世界にあまり熱くなりすぎないようにはしたい。

大阪と名古屋は、マラソンもポケカもメッカなので、何回も大阪と名古屋行くより過疎地一発駆けにした方がポケカはいけるかもしれないな。色々な意味で。

 

PS

19人当日に来なかったため、28人待ちで通ってしまった…。