ホーム»

ポケカ

2020/1/13

シティリーグ ぼろ負け

【結果】2勝4敗

初戦勝った時点では中身の記事も書こうと思ってたけど、どうでも良くなってしまった。

初めて10日くらいでは、これが限界だったのかもしれない。10日でも、何もしてなければ、もう少し解らなかっただろうけど、マラソンと副業バイトがある中では、時間がなかった。

シティリーグを後半に回して、もっと経験を積めばまだ解らなかったけど、マラソンの調子が良くなっている中で、マラソンを棄権してまでカードゲームに賭けるほどの意欲はなかったし、そこは間違えではないと思う。

ドロップアウトするか聞いたら、経験を積むためにもしない方がいいと言われたので、ドロップアウトは耐えて最後までいた。

マラソンは確実に続けるとして、大会のサブがカードゲームでいいのかには、若干の迷いがある。

PS

更に悩む要素として、何が強くて何が弱いのかがわからないのがある。

マラソンと貯金と、昔のポケモンと遊戯王は、比較するのはおかしいけど、どういうのが強くて弱いのかがハッキリ説明出来るんだけど、このTCGは弱い強いの差がわからないというか、何が弱くて負けるのか、何が強くて勝つのかがわからない。

例えば、昔の遊戯王ならサイドチェンジ構成が他の人より上手かったし、マラソンなら月6回年72回レースに出ても故障しない膝だし、仕事ならトリプルワークは強みだったり、ワードプレスならカスタマイズされたアドセンスユニットは自分だけのものだったりと、

何らかの自分にしか出来ない差別化要素があるからやってて楽しいんだけど、このポケカでは早くもそれが見いだせない。

ポケモン辞めたのも、パクれば誰でも同じようになるじゃんって思ったのもある。

弱い理由が解ればそれを改善してけばいいんだけど、弱いの理由と強いの理由がちょっと見えてこない。

勝敗よりも、ここが問題なのかもしれない。