🏠ホーム

ポケカ

2020/1/29

その後のフリー対戦と 対戦に関係ない思考

その後フリー対戦

対戦者「良かったらもう一度手合わせしてもよろしいですか?」

あいた「大丈夫ですよ~(まだ22時にもなってなく、1戦で大会が終わったし、焦って帰ることもない、か)」

そのフリー対戦は、今度はこちらが圧倒的事故w

シティリーグの3戦目でなったような、完全にどうしょうもないパターンで、初手デデンネから何ターンもドローソース引けないようではどうにもならず普通に負け。

やはり、これは、結構運要素強いゲームなのかもしれないと思った。

思考の脱線

一方で、電子ゲームと比べると、紙媒体の方は、事故ってても会場まで足運んでる分、1回の対戦中に勝とうと頑張るから、その点ゲームのWIFI大会などよりは等閑にはなりずらいんじゃないかなとか思った。

等閑になる癖がつくと、マラソンや川柳でも等閑になってしまい、今まで悪影響だったんじゃないかなとか思ったり。それもゲームに復帰しようと思えない要因の一つかもしれない。

ただ、やはりこの規模の大会を重ねて入賞しまくりっていうのはチョットアレなので、マラソン&川柳とポケカが1対1くらいの入賞回数になるようには調整したいと思った。

対戦相手の人とは気さくに話したりして、本当の帰路についた。