🏠ホーム

当サイトで使用しているプラグインに関して

2020/2/11

当ブログでは、5つのプラグインを使用している。プラグインは基本入れると入れるほど重くなるが、かなり重くなるもの、ほぼ変わらないもの、軽量化されるものもある。

エディター系を抜くと、使用しているプラグインは3つ。エディター系を入れると、使用しているプラグインは5つ。

1、Classic Editor

WordPress の旧エディターと、TinyMCE、メタボックスなどを含む以前のスタイルの投稿編集画面レイアウトを有効化します。この画面を拡張する古いプラグインをサポートします。

ブログの投稿画面を昔の仕様にするプラグイン。自分は、新しい仕様が苦手なので、仕方なく入れてるが、新しい仕様に慣れてるなら不要。

速度低下には影響しない。

2、EWWW Image Optimizer

NextGEN Gallery や GRAND Flagallery を含む WordPress 内の画像のファイルサイズを縮小します。 jpegtran, optipng / pngout, および gifsicle を使用しています。

画像を圧縮化して高速化するプラグイン。他にもあるらしいが、他のプラグインはややこしく、インストールしただけで設定完了なのでこれにした。

速度は向上する。

3、Google XML Sitemaps

This plugin improves SEO using sitemaps for best indexation by search engines like Google, Bing, Yahoo and others. 

SEO的に良いとされるプラグイン。

速度低下にはほぼ影響しない。

4、TinyMCE Advanced

Extends and enhances the block editor (Gutenberg) and the classic editor (TinyMCE).

旧エディターを拡張するツール。同じく、新エディターに慣れてるなら不要。

速度低下には影響しない。

5、WordPress Popular Posts

人気な投稿をサイト上に表示するカスタマイズ豊富なウィジェットです。

人気記事は必要との声があったので入れてる。人気記事を使わないなら不要。

保存期間を短くしてキャッシュを削除したり、サンプリング間隔?を設定すると速度が少しは改善されるらしい。

速度は低下する。