🏠ホーム

コロナ。マラソン大会とカード大会の中止動向と休業。

2020/2/24

マラソン大会

2/23 開催ハーフ

2/24 開催20km

2/29 開催予定ハーフ(当日までわからない)

3/1 中止 大阪新日本連盟ハーフ

3/2 中止 ヘイジツマラソン10km

カードゲーム

3/29 中止 ポケカチャンピオンズリーグ

2月全て 中止 遊戯王

2月全て 中止 ヴァンガード

2/28 ポケカ3月分、中止か開催か発表

自分のイベントは規模が小さめだから大丈夫と思っていたが、死者が出始めたことにより中止が増えてきた。

シティリーグは多分駄目そうだ。遊戯王とヴァンガードが自粛してる中で、ポケモンだけ特別とはいかない、か。

マラソンに関しても、最初に東京マラソンが大々的に取り上げられたので、次々と連鎖していったのが考えられ、一週間前まで開催と言ってても2日前に中止みたいなのは多い。

逆にメディアが取り上げなかった種類のイベント?は粛々と開催されてたりする。

コロナ雑感

北海道や東海での感染者増に伴い、今後イベント中止は更に増えていくだろうな。

依然として現状では個人的に、車の交通事故や、インフルエンザの方が、発生リスク(自分が今から死ぬ可能性)が高いとは思っているが、ここにきてちらほらコロナ国内死者が出始めているので、なかなか収束しなさそう。

多分、コロナ騒動の最中にも、殺人事件や、交通事故は起きているが、マスコミやニュース社がコロナしか報道しないので、他の件が埋もれて話題がコロナ一色になってる感がある。

特に、ニュース社は腐るほどあるのに、みんなして同じ内容の記事を書く(仕事しない)、酷いとこはコピペしかしないから、恰もそれだけが世の中で起きてるという錯覚に陥る。

例えば、将棋なんかも、一時期はピックアップされて凄かったが、パッタリと消えた。将棋が衰退したのではなく、メディア各社の一極集中報道で、盛り上がってたり盛り上がってないかのように見えるだけ。

とは言え、コロナが世界で猛威を奮いはじめて、SARSを越えているのは事実だろうな。

自分が仕事や大会休めないリスク

仕事も休みになるかも的な記事がネット上でちらほら出ている。

月給制正規雇用ならいいけど、日給時給の非正規雇用がそれやると、(自分は貯金があるからまだいいけど)貯金ない人にとっては、コロナで死ぬか、金欠で死ぬか、どちらも死刑宣告のようなもの。

とはいえ、コロナに係る確率50%で、金欠餓死100%なら、仕事いくでしょうねw

これから、政府が休めというなら、もっとごり押しで同一労働同一賃金を施行して、傷病手当を同一にしなきゃ駄目でしょ。

また、大会に関しても、自分はある意味、命捨ててる面もあって、普通の人の普通の幸せを捨ててやってるし、普段から事故リスクはある程度覚悟してる。