🏠ホーム

コロナのせいで人生終わったかもしれない

2020/3/27

3月27日

コロナ禍の中で、色々な要因を考えると、自分も数年後に生きていない可能性が高いんじゃないかと思えてきた。

簡単にだが、死んでゆくと仮定した時の反省会でもしておこう。

まぁ、仮に自分ががこのまま死んでゆくとしても、約30年間一生懸命生きたと思う。

自分の実力?が伴わなかったのは情けないけど、やれるだけのことはやってきた点だけは自分を誉めたい。

その場合は、老衰では無さそうだから、死ぬ瞬間に痛みを伴いそうなのだけが恐いな。

覚悟さえしておけば、その時がきても苦しみは軽減できるだろう。

と、想定外に検索流入があったので、最初にこの題材で書いてから約1ヶ月後の今の心境も記しておく。

ブログは、過去に書いたのが間違ってたと思っても訂正出来ないのが辛いわな。

3月4日

この時はまだコロナの序章で状況を飲み込めていなく、脳天気だった。中国の嘘の致死率を鵜呑みにしていたのは大きい。

以下は3月4日に書いた内容だが、以下は恥ずかしいから(消してしまいそうだから)自分では確認しないでおこう…。

今日、国が出した新たな政令。

改正案では、新型コロナウイルス感染症を指定感染症にした2月1日から「2年を経過する日までの間」を期限とし、その範囲内で「政令で定める日までの間」は新型コロナウイルスを適用対象とする。

現行の特措法では、首相が「緊急事態宣言」をすれば、都道府県知事が外出の自粛や、学校やイベント会場の使用制限を要請できる。法改正により、新型コロナウイルスによる感染症への対策として、そうした対応が可能となる。

これはつまり、今から2年間は大会が中止になる?という解釈でいいんだろうか。

そうだとしたら、人生終わったな。

2年間イベント自粛だったら仕事失う人沢山いそう。

コロナの何がそんなに恐いのか?

中国を中心に3000人ほど亡くなったようではあるけど、それを言えば今期の冬はアメリカだけでインフルエンザで14000人以上亡くなっているし、

連日のように、誰がコロナ移しただの、どこのイベントでコロナになっただの、ニュース社がコロナ叩きばかりしてるけど、

インフルエンザやその他感染症で感染して死亡してる事例なんて幾らでもあるのに、どうして感染率も致死率も低いコロナでそこまで騒ぐのかがちょっと解らない。

コロナに殺される前に、職や生甲斐を失って死ぬんじゃ?