2020.3.8

1ページに10記事載せる仕様にした デメリット

デメリット1 ページが重たくなる

1記事500文字、画像2つ、広告1つとしても、10連続で表示されることで、5000文字、画像20つ、広告10つが表示される。

このブログはCSS簡素化(2000行を40行にした)や画像圧縮プラグインで大幅に軽くはなっているものの、5000文字、画像20つ、広告10つは、リソースそのものがまぁまぁ重たい。

普通のCSSなら重た過ぎて動作しないレベルなんじゃないだろうか。

デメリット2 簡単には作れない

トップページがこの仕様になっているのは、普通だが記事そのものがこの仕様のサイトはあまりないはず。

この仕様になっているブログテーマも説明サイトも今のところは存在しないので、自分でPHPを書き換えれないと作れない。

デメリット3 SEO的に許されるのか?

1つのページに1つの記事が世の中の基本なのに対し、このつくりは1つのページに10の記事になっている。

これをグーグルが見た時、もしかするとNG仕様ペナルティ行為で検索流入が減る可能性はある。

しかし、このブログは今のところ、検索流入とブログ村流入と固定流入のバランスがそこそこいいので、検索流入がなくなってもブログ村流入と固定流入がある。

SEOペナルティを気にするより、何かの拍子で開いちゃった人が10記事(10広告)見ていって貰った方がメリットは大きいと考えている。

ホーム(新着)へ»

コメントへ»

体調不良からの回復 4/3 new 腹痛休業のお知らせ 4/2 new 自己責任論ちょっ 厚生労働省www 4/1 new

アドセンスワードプレス»へ

人気記事へ»

アドセンス スマホ向けお支払いが正常に処理されませんでした 3/25 up ゲーム大会コロナの影響で検索流入がかなり増えている 3/17 up 眠たい本当に4つ目の仕事を実施するべきなのか? 3/14 up 確定申告 督促状確定申告の督促状が届いてた 3/13 up 健康診断コロナショックでブログ収入が激減する理由 3/11 up あいたの似顔絵1ページに10記事載せる仕様にした メリット 3/8 up アドセンス疲れブログが定まらないという病気 3/2 up 考える人広告配置変更 3月1日版 3/1 up アンカー広告アンカー広告のパフォーマンスの向上 2/29 up