ホーム»

三重

2020/3/30

コロナ禍で急増している事故現場の一部始終

コロナ不況で運転が投げやりになっているからか、交通事故死が多発しており、三重県では交通死亡事故多発警報が発令されている。

自分は運転しない人間なので、今彼等がどんな心境で運転しているのか正確にわからないが、確かに最近運転が粗い人は多くて恐い。

スーパーの放送でも、「事故が多発しておりますので、運転にはおきおつけください。」と流れていた。

そんな日の夜中、一部始終を目撃してしまった。

事件その1

何をしたのかわからないが、男二人が乗った車が、猛スピードで住宅街の狭い路地に迷い込んできた。

そこに、凄い勢いでパトカーが6台ほどやってきて道を塞いだ。

その後、刑事?っぽい車も2台ほどやってきた。

警察

殺人事件でもあったのか?という勢いだったのもあり、アパートの中からぞろぞろ人が集まってきて騒然となった。

男二人が中から逃げ出したかと思ったら、パトカーからメガホンで警官が何かを警告。

最初、隠れようとしていた男二人組みだつたが、みんなが見てたのもあり、すぐに姿を現し、警官達と何かを話し合っているようだった。

事件その2

駐車場にて。

自損で激しくぶつけたのか、車の中からやや赤みがかった液と粉(血ではなさそう)が道にぶちまかれて、立ち往生。

パトカー3台ほどと、車内から降りてきた人が何かを話し合っていた。

しかし、事件その1の方がパトカーが多かったから、余程凄いことをやってのけたんだろうな。