ホーム»

2020/4/14

1週間の勝負の進捗

A社 良好 200→0所持

利益確定→買い直して更に利益+24000円を確定

安定はしてるから余裕があればここにも戻したいのが本音だけど、Cがヤバすぎてそれどころじゃなかったので、仕方なく手放した。

買戻しに失敗したので手放さざるを得なかったが、失敗したのが逆に運がいい。

B社 安定 200所持

利益確定させ、元より安く買い直し+8000円を確定

その後は、安定して上がる予感がするので、ちょっと放置する計画。

Aは材料が尽きたから手放したが、Bは決算が材料。

C社 ちょっとヤバい 200→400所持

ちょっとヤバい→更にガタ落ち(◞‸◟)→いや待てよ、落ちたのに上がる材料があるということは、逆にまた上がるのでは?ということで、Aの分を全部売ってここにぶっ込んだ。29で買って、25に落ちたので、25で半分買えば27で買ったのと同じ計算になる。

所謂ドルコスト法に近い形だが、それどころじゃない的なトリッキーな動き。

元10万のDで損切ならまだしも、Cは元50万なので損切すると今日まで勝った分以上にマイナスになり、損切という手段が取れない。

また、最低ラインを27に設定し直したことで、勝ちのラインが29から2下がったのは大きい。

いつか28を迎えたとき、27設定なら28でふんぎりがつくが、29設定なら28の時にふんぎりがつかず、勝ち逃してしまう怖さがある。

精神的負担はかなり軽減された。

大儲けで終わることよりも、負けないで終わることの方が大事。

ちなみにここは、もう戻ってこない不安から、損益確定させた人が多いらしい。

1週間で結論付けるのは時期尚早だろうという気はする。

D社 ヤバい 100所持

諦めムードにも入ってるが、いつか上がる可能性は高い。ここはもう損切になる可能性もあるが、元の単価も株数も低く、乗せた分が10万円と全体の5%なので、最終的に損切になっても損害は低い。

戻ってくる可能性が高いのは決算の時なので、5月中盤まで持ち越しの可能性が高い。

ここに200かけてたら今頃涙で枕濡らしてただろうけど、元手100なのが救い。タイミング的にはやらかしだが、初めたてだからこうなるのは仕方ない。

ホーム»

記入欄»
    あいた 9/21
    アビガン承認が読めてて三谷産業狙わなかったのは失体だったかも。千載一遇のチャンスだったけど、もう遅い。
    あいた 9/21
    しかし、些か展開が早すぎた感じではある。5000くらいまで抗原検査で引っ張ってからアビガン祭にして欲しかった。中長期で最高の高みを目指すということは、その日上がれば嬉しいという単純な話ではない。
    あいた 9/21
    大きい大会で優勝したかのような感覚だ・・・。
    あいた 9/20
    全力空売りのバカが必死になって、うそだ、ありえないみたいに言って抵抗してるが、もう何を言ってもアビガン地獄からは免れることはできない。
    あいた 9/20
    しかし、周囲の駄目だろう無理だろうみたい誘惑に、よく半年も耐えたな。普通の人には出来ないだろう。

次のコメントを開く»

新着記事↓

ホーム»

ロイド株の進捗 9/21 2020/9/21 らぁめん記事! 2020/9/21 アビガンの進展と株の近況 9/20 2020/9/20 ドリスコルフロントミッション ドリスコルVSロイド 2020/9/19 お金ない冬ボーナスまでの貯金家計簿シュミレート 2020/9/19