🏠ホーム

アビガンの進展と株の近況 9/20

2020/9/20

好材料1 アビガン

アビガン 軽症者に弱く推奨

レムデシビル 重症者に弱く推奨

デカトロン 重症者に強く推奨

他は全滅した。

9/19 日本集中治療医学会と日本救急医学会は19日、新型コロナウイルス感染症の薬物治療に関する診療指針を作成したことを記者会見で明らかにした。

指針によると、軽症者には五つのうち唯一、新型インフルエンザ治療薬の「ファビピラビル(商品名アビガン)」の投与を弱く推奨する、とした。

中等症・重症患者では、関節リウマチなどで使用されるステロイド薬「デキサメタゾン(同デカドロンなど)」の投与を強く推奨し、エボラ熱の候補薬「レムデシビル(同ベクルリー)」は弱く推奨、とした。

好材料2 抗原検査上昇の開始

9/18 HUグループが抗原検査販売による上方修正を発表し、垂直上昇。

それに引きつられたデンカも抗原検査の上昇局面が始まったばかり。

僅か1時間の関連銘柄からの判断でこれのため、数日あれば判断の遅かった人達が後ろからくっついてきて結構上がれそう。

対比のPCR検査は単価は高いものの製作が大変なため、抗原検査と比べて量産が厳しい。

尚、田村厚生労働大臣も抗原検査を推しており、5倍近く伸びたPCRはかなり苦しくなり、デンカとHUグループに資金流入するのが推測される。

好材料3 レーティング(証券会社目標)

9/18掲載 大和 継続 3000→4100

9/19掲載 (9/17発表)  丸三 新規 3900

好材料2を受け、証券会社がレーティングを4000前後まで引き上げた。現在は3200。