🏠ホーム

遅刻した夢を見て遅刻しそうになった

2020/10/7

夜寒くなってきたのに、布団が薄いまま寝てしまった。

寒さのせいで、半分意識があったからか夢の内容を鮮明に覚えてる。

現実では三重県に住んでいるが、夢の中では北海道に住んでる設定。

(三重県の)職場の場所がわからなくて、(北海道の)地図を探しても思い出しても何しても思い出せず・・・

結局、職場の場所が解らないまま仕事に行くのを諦めた夢だった。

寒かったのと悪夢のせいで睡眠時間を短く感じ、「あとちょっと・・・」「あとちょっと・・・むにゃむにゃ」となって次の瞬間ハッとした時

いつもの電車が手遅れな時刻に起床。

その次の電車で超ギリギリに到着し、その後も全力疾走したらギリギリ間に合った。

急いでたせいでマスクを忘れて、電車に乗ってる人達に白い目で見られた。